平均睡眠時間が6時間以下は死に至る病のようなもの

睡眠には、セロトニンの分泌がとても大事であるという話をしました。では、睡眠時間が短くなるとどうなるのだろうか? 結論から申し上げると、よく眠れない人は健康を害していることが多いです。疲労も溜まっていて、病気にもよくかかります。 逆に、よく寝…

睡眠で疲労回復するにはセロトニンを分泌させると効果的

セロトニンは、夜寝ている時には分泌されず、起きて太陽の光を浴びると分泌される。つまり、セロトニンが分泌されることで、私たちは日中、頭がスッキリと冴えた状態でいられるのです。このように、セロトニンの分泌は、太陽の光と関係している。 このことか…

本屋パンツ大賞10組のノミネートから9番目が選ばれました

ここは本屋さん。 本って、いいですよね。 いろいろな物語を楽しめたり、知識を学べたりできますから。 そんなすばらしい場所で、いたいけな少女のパンツを盗撮します。 あ、私が盗撮しているわけではないですよ^_^; あくまでもいち視聴者として、実況という…

パンツの柄は黒と灰色の縞模様

女子高生がスマホをいじりながら歩いている。 上半身は紺のカーディガンをはおり、チェック柄のひざ上10センチ上のスカート。 高架下を抜け、軽い坂道を少し上ると、階段が見えてきた。 女子高生の後ろについた盗撮犯は、短いスカートから露出したちょうどよ…

短いスカートをめくりあげるとエメラルドグリーンのパンツがありました

ひとりのうら若い女性の後ろ姿。 年の頃、16~18歳くらいだろうか。 小柄な体型に似合わない、学校指定のダサい青色のバックを肩にかけている。 膝の直ぐしたまである黒いソックスは、細い足にピッタリ包みこみ、それだけで興奮する。そんな女子高生(たぶん…

睡眠に必要なのは量ではなく質

申し上げるまでもないのですが、睡眠をとり、ぐっすり眠ることこそが、もっとも有効な疲労回復法です。しかし、日本人は外国の人々と比べても、あまり寝てはいません。日本人の平均睡眠時間は7.7時間で、これはアメリカ人の8.8時間に比べると約1時間も短いと…

疲労回復の方法とは?脳をリセットすることが大事!

1日で帳尻を合わせることと同じように大事なのは、疲れたらすぐに休むことです。仕事だったら、 長時間ぶっ通しでやることは絶対に避けること。そして、途中で何度も休憩をはさんでください。つまり、1日のなかの数時間単位でも勝率帳尻を合わせていくのが、…

体内時計を利用して疲労回復する

前回、今日の疲れを明日に持ち越さないという記事を投稿しました。今回の記事は、そうはいっても疲れが残ってしまった…やむを得ず持ち越してしまったら、どのようにして疲労回復を計ればいいのかをお話します。疲労回復の基本的な考え方は、やむを得ず持ち越…

疲労回復には規則正しい生活が必要か?

「疲れが取れない!」と伝えると、医者が言うことは、ほぼ決まっています。「十分な休息と睡眠をとってください。そして、規則正しい生活を心がけてください」もっと具体的に言うと、早寝早起して、1日3食、栄養バランスを考えた食事をすること。そして、適…

会議・プレゼン・交渉で使えるビジネス心理術

社会人なら誰でも、会議やプレゼン、先方との交渉の場面などで、自分の要求を受け入れてもらうことや、思い通りの回答を相手の口から引き出すことに苦心していることだろう。ここでは、社内外の様々なやりとりの場面で応用できる、禁断の心理テクニックを紹…

見た目で他人を操る心理術

「笑顔がキラキラしていて明るい人だ」「表情も服装もみすぼらしくて冴えない奴」…人は他人の性格や能力を見た目で判断しがちなことについて、異論を唱える人はいないだろう。特に初対面の場合、相手の情報を何も知らないので、見た目で判断して決めつけてし…

しぐさで他人を操る心理術

日本人は言葉で多くを説明しなくても、ポツリとっぶやいた一言から、その人が何をして欲しいのかを読み取って相手の意図を探る。そうした癖がついているため、しぐさからも相手が何をしようとしているのか、探ろうとする思考が無意識に働いている。この記事…

言葉で他人を操る心理術

そんなつもりではなかったが、いつのまにか頼まれ事を受け入れていたという経験はないだろうか?もしかしたら、相手はあなたを心理術的な方法で操っていたかもしれない。もし、相手に利用されたくない、もしくは利用したいとあなたが思っているのであれば、…

得意不得意で環境を変える

脳をやる気にするための3つめの条件として、課題の環境設定がある。ここでは、得意不得意に応じた環境を変えることのメリットを説明する。 ▼目次 結果が予測できる状況を増やす ノルアドレナリン マンネリ化したら新しい刺激を まとめ 結果が予測できる状況…

脳が集中できる時間帯は何時?

脳にはあらかじめ時間割が備わっている。これに合わせて勉強するのだ。人間の脳は、能力が下がっている時間帯に無理して頑張るより、能力が高まる時間帯に鍛える方が効率よく成長する。あなたの脳が、どの時間帯に勉強したらいいを解説する。 ▼目次 既成事実…

「それ」しかない場所をつくる

「それ」しかない場所をつくると集中力が高まります。逆に、「あれ」も「これ」も一つの場所で行うと気が散ってしまい、集中力は低下します。この記事では、集中力を高める場所作りを説明します。 ▼目次 勉強机では勉強しかしてはいけない 机以外の場所を用…

脳のやる気を引き出す3つの条件とは?

我々の脳をちゃんと働かせるには、脳がしっかり目覚めていることが前提である。これまで、睡眠を整えることが必須であることは説明してきたが、ここからは、さらに脳をやる気にさせる方法を解説する。脳がやる気になるための条件は3つある。 ▼目次 「それ」…

記憶力を高める方法

十分な睡眠時間を確保できない時は、脳と体の機能で使えるものは何でも使いたいところだ。ここでは、脳の働きを活性化させるために、プラスαでできることを説明する。 ▼目次 12時間の原則 記憶力を高める香りの効果 記憶力を上がる食事法 朝食を食べて集中力…

睡眠の質を確保する簡単な方法

明日のためにちゃんと眠りたいのになかなか眠れない、とお悩みのあなたに、ここではそうした場合に眠気を呼ぶ方法を紹介する。 ▼目次 耳から上を冷やす 足首を温める 首と仙骨を温める 「垂直」と「水平」 うつぶせね寝の効用 昼間の眠気が強いとき まとめ …

忙しいときの睡眠確保術

仕事や家庭の都合で、どうしても睡眠時間を確保できない人も多いだろう。そうした人たちでも、なるべく睡眠の作用を使って、日中のパフォーマンスを低下させない方法を解説する。 ▼目次 累積睡眠量 徹夜するにも正しい方法がある アンカースリープ まとめ 累…

生体リズムを安定させることで睡眠の質は格段に向上する

7日間で4日間実行してみる 朝に光を見る、昼に仮眠する、夕方に体温を上げるという3つの行動を紹介したが、これらをすべて実行する必要はない。どれか一つ、最もやりやすいことを選んで実行しよう。生体リズムは、どれか一つのリズムが安定すると、その他の…

深部体温リズム

▼目次 夕方の過ごし方 骨盤内の筋肉を鍛える 夕方の過ごし方 メラトニンリズム、睡眠覚醒リズムに続く三つ目のリズムが深部体温リズムだ。深部体温は、起床から11時間後に最高になり、22時間後に最低になるリズムのことである。朝起きて夜眠る生活の人は、夕…

睡眠覚醒リズム

▼目次 仮眠を活用 仮眠の前のコーヒーは有効 睡眠圧を高めることが成功の秘訣 仮眠を活用 睡眠圧の仕組みでも登場した!脳に溜まる睡眠物質が作るリズムのことを睡眠覚醒リズムと言う。目覚めている限り、脳には睡眠物質がたまっていく。この物質によって、…

メラトニンリズム

▼目次 光に対する感度 人工的な朝でリズムを作る 二度寝もOK! 夜の環境も整える 光に対する感度 メラトニンというホルモンが増えるほど眠くなり、減るほど目を覚ます。また、メラトニンは脳に光が届くと減る性質がある。単純に考えれば、朝日が脳に届けられ…

4-6-11睡眠の法則

睡眠を効率化するための最も基本的な法則は、起床4時間以内に光を見て、6時間後に目を閉じ、11時間後に姿勢を良くするだ。これは4-6-11睡眠の法則として、 様々な企業で、生産性を向上させる方法として活用されている。この法則は、メラトニンリズム、睡眠覚…

睡眠圧の効果

就寝前のうとうとがよくない理由 就寝前にうとうとすることのデメリットとは何か? 我々は目覚めてる間、脳の中には徐々に睡眠物質がたまっていく。充満した睡眠物質を分解する作業が睡眠であり、睡眠物質が充満しているほど深い睡眠が得られる。この眠気の…

ベッドは寝るところです

場所と行為で記憶 多くの人が陥りがちな、睡眠の力を下げてしまう二つの典型的なNG行動がある。それは、ベッドの上で何かすることと就寝前にうとうとすることだ。あなたのベッドの上に、眠りに関係ないものが置かれていないだろうか?または、ベッドの上で読…

睡眠中に分泌されるホルモンの役割とは?

頭が良くなるという言葉からは直接的に外れるかもしれないが、頭の良さとは何も学力や記憶力だけを指すわけではない。社会の中で生き抜いていくために必要なのは、適応力である。どんな状況にも感情的にならず、自分をうまく適用させる力が要求される。睡眠…

睡眠には4つの段階がある

記憶のしくみに睡眠がどのように関与するのか。 睡眠の構造から考察する。寝ている間は、脳はずっと同じ働きをしているわけではない。睡眠は、その深さ、脳波の状態を基準にして3つの状態に分けられる。以下、3つの睡眠状態について説明する。 ▼目次 まどろ…

記憶力と睡眠には相関関係がある?

頭の良さについて考えたとき、最初に思い浮かぶのは記憶力だろう。記憶力を良くするためには睡眠がとても重要である。なぜなら、睡眠中に脳は記憶の整理を行っているからだ。記憶は、①覚える・②覚えておく・③思い出す・④忘れるの四つの段階に分けることがで…