ユウの擬似的ブロガー生活

何事も前向きに取り組んでみようと思うのだ!

臥竜梅のある菅原神社


初詣

 🔲菅原神社に初詣

 薩摩川内市東郷町藤川にある神社です。

当初は藤川天神という名前の神社だと思っていました。

ところが、この記事を作成する直前まで、菅原神社というのが正式名称であるということを知りませんでした。

なぜなら、母親が藤川天神と言っていたからです。

それはそうと、菅原神社ということで、菅原道真公ゆかりの神社です。

 

 🔲菅原神社の由来

 由来は、太宰府に左遷された菅原道真が隠遁した跡に創建されたという伝承があるが、この地は太宰府天満宮の荘園「安楽寺領」で、そこで勧請された神社が発祥とされている。

荘園とは、奈良時代から室町時代にかけて全国でみられた貴族や社寺が保有する私有地のことで、「安楽寺」が管理していた土地という意味。

勧請とは、神仏の分霊を請うて招くことで、太宰府天満宮から菅原神社に道真公の分霊を招いたということだと思われる。

ところが、豊臣秀吉九州征伐の折に焼き討ちにされ、社殿や宝物の全てを失う。

創建の正確な経緯は不明であるが、その後は薩摩藩主島津氏の庇護を受けて再興した。

 

 🔲菅原神社の臥竜梅と白いイノシシ

 梅が有名で「藤川天親の臥竜梅」という国の天然記念物があります。

動画にも映っていますが、150本前後の梅があり、その内の50本前後が竜が伏したように地面を這っている臥竜梅と呼ばれる木があります。

動画の最後の部分に、白いイノシシが映っていますが、母親の話によれば、近くの住人から正月だけ借りてきて展示しているそうです。