ユウの擬似的ブロガー生活

何事も前向きに取り組んでみようと思うのだ!

竹田JOC会長の贈収賄疑惑から見るオリンピックの今後を考察

f:id:giziblog:20190112063728j:plain

headlines.yahoo.co.jp

 

にわかに沸いて出たようなスクープかと思いましたが、2016年にも同じ報道がされていたのですね。

そう考えると、日産の元会長ゴーンさんの逮捕に対しての報復措置なのかと勘ぐってしまいます。

しっかり調べていませんが、今回のお金の流れは、JOCと正式に契約したコンサルティング会社に報酬を払ったというもので、特に違法性はないでしょう。

フランス当局の勇み足感は半端ないです。

 

しかし、せっかく盛り上がりをみせてきた東京オリンピックに水を差す形になったのも事実。

ここはしっかり日本政府としても、フランス政府に抗議すべきでしょう。

決定的な証拠があるわけではなく、あくまで疑惑というだけのこと。

疑惑を証明するのはフランス当局です。

違法性を確認することができなければ、東京オリンピックのイメージが著しく低下させたわけですから、賠償請求を行うのもいいでしょう。

 

ところが、最近の日本はおかしなことになっているので、一部の政治家やマスコミが、もしかしたら安倍政権を打倒するために、この問題を持ち出すかもしれませんね。

何と言っても、疑惑がないことを証明しろと無茶振りをするのですから、政争の具になる可能性も否定できません。

加計問題しかり、森友問題しかり、まあ野党もマスコミも一大キャンペーンを展開していましたから、もしかしたら政府も関与していただろうという疑惑を持ちだし、疑惑がないことを証明しろー!と言うかもしれませんね。

ないところから罪を作り上げてくる手法は、昔で言えばナチスであり、現代では中国がよく使う手法でしょうが、今の野党やマスコミはそれらと同列に成り下がった信用できない存在であると断言できます。

 もちろん、日本政府も招致に関しては関与したが、運営までは関与してはいないと思います。

JOCは独立した機関でしょうから、いちいち安倍首相が指示を出すことは考えられませんし、森元首相もいらっしゃいますから、下手に手出しはできません。

 

さて、この問題を終息させる方法としてはいろいろあるでしょうが、東京オリンピックを辞退するという選択肢もあります。

1年半後に開催するのに辞退することは現実的ではないと思われるかもしれませんが、オリンピックの正常化を求めているのであれば、1回くらいやらなくてもいいのではないでしょうか?

IOCがそれくらいの気持ちでやるのであれば、今回の贈収賄疑惑を徹底的に調査する必要がありますが、私の意見としては、近年の商業化したオリンピックでこの程度の疑惑で右往左往しているほうがおかしいです。

というより、バンバン贈収賄していてもおかしくないと思っていましたから、商業化したオリンピックに何を求めているのでしょうね。

 

大体、お金がないとオリンピックって開催できないことを考えれば、こういう事件・疑惑はつきないのはわかりきったこと。

しかし、どうしてもそういうことを排除したいのであれば、基本的にお金をほぼかけないオリンピックを開催すればいいと思います。

お金がかかるから、今回の疑惑が生まれてくるのです。

毎年、アテネでやればいいではないですか!

みんなで手弁当を持ち寄って、運動会みたいに楽しんでやればいいと思いますよ。

陸上はそこら辺の道路。

水泳は川か海。

柔道とかレスリング、野球なんかは原っぱ。

どこでもスポーツはできますよ。