ユウの擬似的ブロガー生活

何事も前向きに取り組んでみようと思うのだ!

【セブンーイレブン】契約解除の撤回について考えたら、自分のお店は大丈夫かと自問自答させられる

f:id:giziblog:20190314201657j:plain
妄想コラムニストのユウです。
久々にコラムってみます。

今回は、先日、営業時間短縮問題で揺れていた、セブンーイレブン本部が契約解除の撤回を口頭で伝えたというニュースです。
世間の大波風をモロに食らった形のセブンーイレブン本部としては、苦虫を嚙み潰したような思いだったのではないでしょうか。
業態は違えど、同じサービス業を生業にしている身としては、このニュースは歓迎すべきことです。
実際、募集をかけても、バイトが集まらず、厳しい運営を強いられている現場サイドの意見が通った結果となりましたが、さて、このままセブン側が大人しく引き下がることでしょうかと心配しています。
基本的に経営陣というのは、下の人間を歯車にしか思っていない傾向にあると私は感じているので、ほとぼりが冷めた頃に、何かしらのペナルティを地味な感じで仕掛けてくると思っています。
なぜなら、マスコミがここまで大々的にニュースで流さなければ、おそらく該当のオーナーさんは違約金を払って、お店を閉めることになったであろうということが容易に想像できるからです。

この点については、マスコミ頑張ったね、と褒めてあげたいです。
いつもは、安倍政権の足を引っ張ることしか考えていない、愚かな左翼集団としか思っていませんでしたので、たまにはいいこともするんだなと感心しました。
あ、私は右翼ではありませんよ。
どうも、最近のマスコミや野党の言動を見ていると、何やってんだかと思っているからです。
なので、基本的にはニュースは最近全く視聴しなくなりました。
もっぱら、ヤフーニュースで情報を仕入れています( ´∀` )

話が脱線したので戻しますと、セブンーイレブン本部としては、今後のビジネスモデルの変更を余儀なくされた訳で、必ずや逆襲をしてくるということです。
つまり、自分たちの利益を確保するために、別のところから金をむしり取ろうとしてくるはずだからです。
例えば、営業時間短縮でロイヤリティを上げるとか、本部から人員を派遣するのでその費用を賄え等々、が考えられます。
汚い大人の理論が働いているようですが、経営サイドに立ち位置を取ると、まあ、自分たちの利益を確保したいと考えるのは至極同然のこと。
でも、どうなんでしょうか?
そのビジネスモデルをこれからも続けるつもりでいるのでしょうか?
というのも、今回の問題というのは、雇用問題が端を発しているが、本質は本部とFC店舗がWin-Winの関係になっていなかったことが原因のような気がします。
ニュースで見られた方も、少なからず思ったのではないでしょうか。
「セブンーイレブンはブラック企業である」

昔から、ノルマがきつくて大変だという噂は聞いていました。
セブンーイレブン本部の利益のために、過度のノルマをFC店に課し、収益を吸い上げているのだと。
この話が事実であるならば、本部とFC店との間で積みあがっていた不満の炎が、雇用問題で引火し、営業時間短縮問題で大火事になってしまった…ということが真相のような気がします。
搾取する立場と搾取される立場というのは表現はキツイですが、これが本当の意味で対等な立場でお互いが手を取り合っていれば、この問題はなかった、いや、問題にすらならなかったのではないか…と感じます。
とはいえ、この問題を改めて考察したとき、
「自分のお店は大丈夫だろうか?Win-Winの関係になっているだろうか?雇用問題は…あ、マズい…募集かけているが人があつまっていない😱」
とまあ、ある意味、考えさせられた問題でした。
人の振り見て我が振り直せですね。

ふー1000文字で収めようと思いましたが、1500文字超えたので、この辺でおやすみなさいzzz