ユウの擬似的ブロガー生活

何事も前向きに取り組んでみようと思うのだ!

女性はマルチタスクの使い手である!

f:id:giziblog:20190316033107j:plain

男性は一点集中タイプ

女性は食事の後片付けをしながら、見たいテレビのチャンネルをつけ、パートナーに明日の休みはどこに行くのかを聞いたりと、一つの事をやりながら複数のことを考えて行動することができます。
ところが、男性はと言うと、例えば、サッカー観戦に夢中になってる時に、女性が話しかけても上の空で生返事という感じです。これは男性が返事を面倒だと思っているわけではありません。
古来、男性は狩りに出かけ、獲物を仕留めるのに集中力を高める必要があったので、現代でも何かに集中してしまう傾向があります。
一方、女性は、周囲との協調するためにコミュニケーションを図ったり、子供がいれば面倒を見たり、また料理をしたりと、マルチで動く必要がありました。
昔からの役割分担の中で、男女の違いというものが育まれたかのように思われますが、実のところ、これは男女の脳の仕組みの違いが原因です。

女性がマルチで働ける理由

脳は右脳を左脳が、納涼という神経線維の束で結ばれていて、左右の脳は常に情報交換しています。女性の方が、男性よりも納涼が太く、そのぶん情報交換が盛んで、左右の脳をバランスよく使いこなせます。一度に複数のことができるのはそのためで、マルチタクスの使い手たる所以です。
反対に、脳梁の狭い男性は、それができないので、何かをしてる時に話しかけても、上の空になってしまうことが多いです。ただ、あなたのことが嫌いだから、そういう態度をとっているわけではありません。そういう脳の特性だということを認識した上で、むしろ話しかけないようにする気配りが大事かもしれませんよ。

脳梁とは?

左右の大脳半球の底部にあり、新皮質を相互に連携している神経線維の集団である。左右の半球間で情報交換を行う経路となっている。