ユウの擬似的ブロガー生活

何事も前向きに取り組んでみようと思うのだ!

女性と口喧嘩になったら、男性は速やかに撤退すると円満な関係を築ける

f:id:giziblog:20190319050617j:plain

悪いことが起こると悪い記憶を思い出す

人間の感情と記憶は繋がっています。楽しい時は、過去の楽しかったことを、悲しい時は、悲しかった記憶を思い出しやすくなります。
特に女性は、程度の差はあるものの、男性よりも感情と記憶の繋がりが密接で、例えば、デートの最中でも、「以前ここを歩いた時、彼はこんなことを言っていたな」など昔を思い出したりします。
それはパートナーと喧嘩をした時も同じで、「そういえばあの時も同じことを言われた」「もっと昔はこうだった」など、走馬灯のように悪い記憶を思い出します。悪いことの記憶があふれかえってる状態では、男性が何をどう弁解しても、女性の耳には入りません。

ほとぼりが冷めるのを待って会話を

男性にすれば、何でそんな昔のことを引き合いに出しているんだと不思議に思うかもしれません。でもそこは女性の特性だと受け止めて、女性が悪いエピソード記憶で頭がいっぱいの時は、その場を離れて、一旦感情が収まるのを待ってみましょう。
そして、落ち着いてから、改めて話を再開するのが関係を良好にするためにも有効です。

Q.エピソード記憶とは?
宣言的記憶(事実と経験を保持する記憶)の一部で、時間や場所、その時の感情まで含まれた記憶。エピソード記憶の形成には、脳の海馬(大脳辺縁系の一部。脳の記憶や空間学習能力の関わる器官)が使われ、前頭前皮質エピソード記憶形成に関わっている。