あなたの好感度が低くても、ある方法をマスターすれば、すぐに相手と良好な関係になれます

f:id:giziblog:20190228080008j:plain
他人から嫌われるより、好かれたいと思いませんか?
今回のコンテンツでは、どうやったら好感度を上げることができるかを説明します。

そもそも、どういう時に、他人から嫌われると思いますか?
一般的には、よく知らない人・嫌いな(生理的に?)人には冷淡に接するといわれています。だから、頼み事をして断られたら、あなたは確実に相手から嫌われています。
どうしてかというと、無意識の内に、あなたのことを脅威と感じていて、関わったら危ないと思ってしまっているからです。

これはまさしく、動物的本能によって、相手を敵と認識してしまうからなんです。
そりゃあそうですよね。よく知らない人や嫌いな人が近づいてkじたら、危害をくわえてくるかもって思いますから。
そういう相手が自分の前に来たら、生存の危機を感じてしまい、敵として無意識に動物的本能が、危険シグナルをあなたに送るからなんです。

この状態は、動物が敵と遭遇した時の反応とまったく同じです。
動物は、敵に対峙すると、生存の危機を感じて身構えます。
そして、瞬間的に戦うか・逃げるかの選択を迫られている場面なので、自律神経系の交感神経が活発になり、とんでもなく緊張を強いられるので、心身ともに非常に不快な状態になってしまうんです。

これが例えば、人の場合だとします。
想像してみてください。
あなたの前から嫌いな人が歩いてきます。
すると、瞬時に緊張してしまいますよね?
その時、あなたは3つの選択肢からどれかを選ばないといけません。
①気づかないフリをして逃げる
②作り笑顔を浮かべて挨拶をする
③軽蔑の表情を浮かべて睨みつける

もうおわかりだと思いますが、あなたの嫌いな人から、もし頼み事をされたら、あなたは快く快諾するでしょうか?
逆の場合も同様に、もしあなたが相手から嫌われていたら、頼み事をしても快く快諾はしてくれないでしょう。
つまり、他人の心を動かすためには、自分に好意を抱いてもらうことが都合がよいことがわかりますよね。

生まれつき怖い顔の人、眉間にシワを浮かべている人、態度が横柄ない人、下品な人、愛想のない人は、実は物凄く損をしています。
別に他人に危害を加えてなくても、見た目が悪いというだけで、他人が脅威を感じ取ってしまうので、避けられて嫌われるという悪循環にはまってしまい、人生において不利益を被ることになるんです。

さてさて、では相手との距離を縮めるにはどうすればいいか?
おススメな方法は笑顔です。
超カンタンでしょ?
自然な笑顔でも、作り笑顔であっても、効果は同じ。
どちらの笑顔も、他人はとりあえず安心するのです。
あなたも、笑顔で近づいてくる相手に対して、精神的なハードルが下がっていることに気づいていますか?
眉間にシワを寄せていたり、口をへの字に曲げている人には、何をされるかわからないという脅威を感じてしまいますが、ニコニコ笑顔で近づいてくる相手には、つい警戒心が緩んでしまうものです。
笑顔があるだけで、あなたへの警戒心がなくなるのであれば、使わない手はないでしょう。

でも、笑顔を作るのが苦手な人っていると思います。
そんな時は、次のことを意識して相手に近づくと、相手に対して安心感を与えることができます。
①両方の眉を少し上げて、目を大きく見開き相手と接する
②口角をわずかに上げてスマイルに近い表情を作る
③両手の内側を相手に見せるように広げる

こうした表情や動作って、あなたが好きな人に会うときに、自然にやっている所作だったりするんですけどね。
特に、両手の内側を相手に見せる行為は、ボディランゲージの中でも、相手に脅威を与えない所作として最強!だったりまします。
見た目的に相手を受け入れる態勢ですよという印象を、相手に与えることができますし、昔だったら、手中に凶器を隠し持っていないので危険はないですよという表明にもなっていたと思います。

この行為については、自分で行うことはもちろん、相手にやってもらうことで、あなたに対しての警戒感や緊張感が軽減されることがわかっています。
例えば、商談のとき相手の態度が固い時、初デートで相手と早く仲良くなりたいときなど、雑談に紛れて相手の手のひらを見せてもらうだけで、相手の警戒心が緩み、リラックス効果が期待できるのです。

緊張しているときは、交感神経が働くので、心身ともに硬直して両手も固く握られているのですが、ゲームや占いを装って、相手の両手を開かせることができると、脳から今はリラックスタイムだよという信号が発せられるので、副交感神経が優位に働くようになり、相手は安らぎモードに突入します。
このように、手のひらを見せてもらうというちょっとしたゲームを行うことで、相手の心は次第にリラックスしていき、一気に相手との距離を縮めることができるのです。
ちなみに余談ですが、
①きっちり指をつけて見せる人は警戒心が強い
②指を軽く開いて見せる人は協調性のある
③大きく開いて見せる人は大雑把で自信家
ということがわかっています。

なにはともあれ、あまりにも大げさな笑顔は逆に警戒されてしまいますが、適度な笑顔を浮かべながら相手と接することができれば、間違いなく良好な関係を構築していくことが可能になり、あなたの好感度も上っていくことでしょう。