嫌われている相手の意識をちょっと変えるだけで、仲良くなるばかりか、一生の友達になるかもしれない方法を教えます

f:id:giziblog:20190502084124j:plain
今回のコンテンツは、他人から嫌われているけど、何とかして好きになってもらうには、どういう事を行えばいいのかをご説明しますね。

あなたが他人から好意に思われていたら、相手のことを安心できて、一緒にいることがとても楽しくなりますよね?
逆に、他人から何か嫌われているな、と感じている時って、相手が何を考えているのか、もしかしたら攻撃されるのでは?と不安になってしまいますよね。

だから、他人に嫌われたら好意を持ってもらえないことがわかっているので、好意を持ってもらえるように努力をするのですが、なかなかうまくいかないことが多いものです。
中には、嫌われることに平気な人もいたりして、やっかいなことになりかねない場合もありますが、それは置いておいて、普通の人はやっぱり好かれたいという願望があると思います。

そこであなたにお教えしたい方法をご説明しますね。
それは、返報性の原理と呼ばれる心理学の法則なんです。
この法則は2つの側面があるんですけど、一つは好意の返報性と呼ばれるものでして、具体的には、あなたが相手に好意を抱いていると、相手もあなたに好意を持っているというものなんです。
もう一つは悪意の返報性。何となくお気づきになられているかと思いますが、あなたが相手に悪意を抱いていると、相手もあなたに悪意を持っているですね。

だから、あなたは嫌いな人がいないと公言していても、もしあなたの事を嫌いと公言している人がいたら、あなたは、あなたの事を嫌いと公言している人の事が嫌いなんですよ。
そんな事はない!と否定されるかもしれませんが、もし公言されていなくて嫌われているなと感じたら、例えば、言葉の端々や些細な態度から、あなたが嫌いと思っていると相手も感じているのです。

禅問答のような感じになってしまいましたが、まあそういうものだと割り切ってみて、じゃあ、今後はどうすれば改善できるのかを真面目に取り組んだほうが効率的です。
やみくもに、あなたが相手に近づいても、相手は攻撃をしてる可能性があります。相手の立場が、あなたより低い場合は、口では従って素振りを見せるがあなたの命令を無視するとか、ひどい場合はあなたと話すらしたくなくて回避するような行動を取ることだってあります。
つまり、余計に嫌われてしまうことだってあるんですよ。

仮に、あなたが相手に危害を加えたことがなくても、あなたの意識を無意識にくみ取った相手は、無意識の内にあなたを脅威に感じてしまえば、あなたは嫌われていることになります。
だから、意識的でなくても、無意識にというか本能的にというか、あなたの表情・言動から嫌いになる要素を結びつけ、あなたの事を危険人物として認識していることだってあります。

でも、その要素はあなたの中にも確実にあります。
もし、どうも嫌われていると思ったら、まずはあなたの心を見つめ直し、もし、相手に対して嫌いではなくても苦手意識があるのであれば、素直に認めることが大切。
そうしてようやく、相手の認知を変える手段を講ずることができるようになるのです。
では、具体的には、どのようにして、相手に安心を植えつけることができるようになるのか?

それには、あなたと相手の関係性を改善もしくは修正するために、小さなお願い事を駆使することから始まるのですが、その前に確認しておきたいことがあります。
例えば、あなたが大らかで明るく、人望もあって、協調性があり模範的な人だったとします。こういう人物はどこのグループにも必ず1人はいるものですが、その全ての人に好かれそうな人物像であっても、あなたの事を脅威に感じている人は必ずいることを忘れてはいけません。

その事を踏まえて、あなたに脅威を感じている相手の感情には、どういうものがあるのかを説明しますね。

軽蔑:あなたの容姿・身だしなみに不快感を抱く
嫉妬:同等と思っていたあなたが、周囲から賞賛されると不快に思う
裏切り:あなたが適切に応えてくれないとき不快に思う
否定:あなたから否定的に扱われたり、攻撃されたら不快になる
軽視:自分の存在を軽んじる言動があったら不快になる
投影:本心では嫌だと思っている言動を、平気で行うあなたを許せない
差別:異なる宗教・人種・グループに属しているだけで不快に感じる

このように、あなたが聖人君子だったとしても、相手が脅威を感じて嫌いになることだってあります。
また、1つだけの理由ではなく、複数の理由が複雑に絡み合うことのほうが多く、厄介なことのほうが珍しくないのです。
では、どのようにしたら、あなたの事が嫌いな相手の認知を変えることができるのか?
それは返報性の原理からも、まずはあなたへの意識を変えることが大切。そして、相手への好意を示さなければ、いつまでたっても関係は改善しません。

具体的な方法としては、相手に些細な頼み事をしてみましょう。
というのも、嫌いな人の頼み事って、ふつうは断りますよね?でも、些細な頼み事って、断りづらくないですか?断るのもストレス感じるし、引き受けてしまったっていう経験が、あなたにもあるんじゃないかなと思います。
人間の心理をうまくとらえている人は、こうやれば人を動かすことができるということがわかっているので、普通にやっているんです。
そして、最後にはとても感謝していることを告げられる…となったら、もう何も言えないです。

あなたもこれをやれば、嫌われている相手の認知を変えることができるのです。
つまり、嫌いなあなたの相談に乗ったり、物を貸したりする行為は、本来不快で、どうしてそんなことをしたのかと自分が許せなくなるくらい、心中ではわだかまりが生じます。
しかし、些細な頼み事をしてあげた後に、丁寧なお礼を述べたりすると、始めは相手の認知が混乱するんですけど、徐々に嫌いだったマインドが、あなたを好きになるマインドに変化していくのです。
心理学的に流れを説明すると、嫌いなやつの相談にのった自分にイライラするという認知的不協和が、存外いいやつだったと意識が変わると認知的協和となって、あなたに対するマインドがよい方向に変わるのです。

ですから、相手から好意を抱いてもらうには、些細な頼み事を繰り返しながら、相手の認知を少しづつ変えていくことが大切なんですよ。