機能性表示食品とはなにか?

f:id:giziblog:20190707082139p:plain

機能性が表示されている食品

特定保健用食品(トクホ)
健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの吸収を抑える」などの表示が許可されている食品です。表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。
栄養機能食品
一日に必要な栄養成分(ビタミン、ミネラルなど)が不足しがちな場合、その補給・補完のために利用できる食品です。すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量含む食品であれば、特に届出などをしなくても、国が定めた表現によって機能性を表示することができます。
機能性表示食品
事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

特定保健用食品(トクホ)と栄養機能食品については、個別で許可が出ていたり、すでに科学的知見に基づいているから信用性が高いんだ。

ということは、機能性表示食品は信用できないということ?

企業がそれなりの研究結果に基づいて機能性を表示しますという届け出を、消費者庁長官へ届けてはいるからまあ安心かな。とはいえ、特定保健用食品や栄養機能食品よりは劣るかな~。

機能性表示食品とは?

 機能性を表示することができる食品は、これまで国が個別に許可した特定保健用食品(トクホ)と国の規格基準に適合した栄養機能食品に限られていました。そこで、機能性を分かりやすく表示した商品の選択肢を増やし、消費者の皆さんがそうした商品の正しい情報を得て選択できるよう、平成27年4月に、新しく「機能性表示食品」制度がはじまりました。
 「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)という食品の機能性を表示することができる食品です。安全性の確保を前提とし、科学的根拠に基づいた機能性が、事業者の責任において表示されるものです。
 消費者の皆さんが誤認することなく商品を選択することができるよう、適正な表示などによる情報提供が行われます。

制度の特徴は次の通りです。

1.疾病に罹患していない方(未成年者、妊産婦(妊娠を計画している方を含む。)及び授乳婦を除く。)を対象にした食品です。
2.生鮮食品を含め、すべての食品(一部除く。)が対象となっています。
3.安全性及び機能性の根拠に関する情報、健康被害の情報収集体制など必要な事項
が、商品の販売前に、事業者より消費者庁長官に届け出られます。
4.特定保健用食品とは異なり、国が安全性と機能性の審査を行っていません。
5.届け出られた情報は消費者庁のウェブサイトで公開されます。

えっ?
国が安全性とかの審査をしていないの?

それについては、次の項目で説明するよ。

機能性表示食品の安全性や機能性はどのように確保されているのか?

 事業者が、国の定めた一定のルールに基づき安全性や機能性に関する評価を行うとともに、生産・製造、品質の管理の体制、健康被害の情報収集体
制を整え、商品の販売日の60日前までに消費者庁長官に届け出ることとなっています。
 届け出られた内容は、消費者庁のウェブサイトで公開されます。
 消費者の皆さんは、商品の安全性や機能性がどのように確保されているのかなどについて、商品の情報を販売前に確認できます。
消費者庁が中心となり、販売後の監視を行います。

機能性表示食品には4つのポイントがあるんだ。

1.安全性の評価
 以下のいずれかによって、評価されます。
①今まで広く食べられていたかどうかの食経験
②安全性に関する既存情報の調査
③動物や人を用いての安全性試験の実施医薬品との相互作用などについても評価されます。

全く知らないものを口にするわけではないんだな。

2.機能性の評価
 以下のいずれかによって、評価されます。
①最終製品を用いた臨床試験
②最終製品又は機能性関与成分に関する文献調査 「どのような科学的根拠に基づいて」「どのような人が」「どのように摂取すると」「どのような機能性があるのか」が明らかにされます。
③「最終製品を用いた臨床試験」により科学的根拠が示されている場合、商品パッケージに「○○の機能があります」のように表示されます。
④「研究レビュー」により科学的根拠が示されている場合、「○○の機能があると報告されています」のような表示が基本とされています。

これまでに口にしてきた食品が、健康や美容にどれくらいの効果が期待できるのかを研究して明らかにしないとだめなんだ。

3.生産・製造、品質の管理
 以下のような体制を整えることとなっています。
①加工食品の場合、製造施設・従業員の衛生管理体制
②生鮮食品の場合、生産・採取・漁獲などの衛生管理体制
③規格外製品の出荷防止体制
④機能性関与成分の分析方法

管理や不測の事態にも対応する体制を整えているから安心なんだ!

4.健康被害の情報収集体制
 消費者、医療従事者などからの連絡を受けるための体制が整えられています。
 パッケージに事業者の連絡先(電話番号)が必ず表示されています。

アリタとしては、国がしっかり検証していないから不安になっていると思うけど、無法状態で色々な商品が出回るよりは、企業ごとでしっかり研究したものを消費者庁に登録することで、不測の事態が起こればいち早く動くことができたり、表示に関して不備があれば是正勧告を行うことができるから、この制度は消費者に配慮したものと言えるんだね。

そうかあ~。
安心した!
じゃあ、この商品も機能性表示食品だから宣伝していい?
シボヘールでやせるのか?3カ月頑張ればおなか回りはスッキリです!

宣伝は止めてくださーい!