EXIT兼近『24時間テレビ』でスタッフが嘘を!?非難の声続々だが、今後の番組作りを提案したい!

f:id:giziblog:20190829070407j:plain
大人気の兼近だが…。

女性自身Web版から一部抜粋しています

24時間テレビ42 愛は地球を救う」(日本テレビ系)内で8月25日に放送されたコーナー「お節介バラエティー『あの人に会いたくない!』」にお笑いコンビEXITの兼近大樹(28)が出演した。元カノであるマナさんから“クズぶり”が明かされ反響を呼んだが、放送直後にマナさんが一転。YouTubeで7分にもわたりコーナーの内容を否定し、「ヤラセでは?」とネットで物議を醸している。

番組では中学生時代に交際していた2人だが、マナさんが兼近の二股交際を目撃したために破局したという内容のVTRを流していた。さらにマナさんはそのことがキッカケで男性不信に陥ったという。兼近はVTRののち「盛りすぎてる」とコメント。またマナさんは「本当にクズでした」「女の子の噂が絶えなかった」と話したが、兼近は二股を否定していた。

しかし放送直後にマナさんはYouTubeに「伝えたいこと」というタイトルの動画をアップ。出演オファーの際、スタッフから「実は兼近さんは二股していたんですよ」と話されたという。VTRでは二股がわかったことで破局したとなっていたが、マナさんは「実際に浮気を目撃した訳じゃないです」と告白。さらに「スタッフさんが二股してたみたいですよっていうのは何だったのかな」と疑問を呈した。

さらにスタッフから「兼近の悪いエピソードをいっぱいください」と言われたことも明かしたマナさん。「いっぱい考えてたんですけど、実際そんなになくて」と誕生日のエピソードや塾に通っていたマナさんを兼近が気遣っていたことにも言及。そしてマナさんはこう語った。

「私は本当に兼近のことが大好きで、本当に全部がいい思い出で感謝しかないです。兼近にネガティブな感情は一切ないです」

さらに男性不信についても「男の人が怖いと思ったこともない」と話し、「今回のせいで兼近が嫌われるということだけは絶対あって欲しくないので、これだけは動画で言わせていただきたいと思いました」「最後まで見ていただいてありがとうございました」と結んだ。

またネットでは、兼近が放送終了後に投稿したと思われるツイートの画像が拡散されている。兼近は《これがテレビか》と切り出し、《今日台本見せられた時はもっとレベチでやばたにえんだったけど流石にめちゃめちゃ嫌だと伝えて抑えた結果がこれ! もし言ってなければ社会的に抹消されていたのかと思うとゾッとするでござる》とつづっている。

投稿は現在ツイート欄では確認できないが、ファンへのリプライで兼近は《いや過去に色々たくさんあったけど二股などは嘘だ!! 笑》《高校生ならまだしも14.5歳の話だからそんなわけないのよ》と述べている。

マナさんの動画は現在、48万回以上の再生回数を記録するなど波紋を呼んでいる。コメント欄には《ええぇ じゃあスタッフさん側が嘘ついていたって事? あの再現VTRも嘘だったんか……。まじかよ……》《マナさんが言ってることとVTR違すぎない? VTRほぼうそじゃん》とヤラセを疑うものや、《マナさんは悪くないですよ。話してくれてありがとうございます》《こういうことを話すのはすごく勇気がいることだと思います。応援してます。頑張ってください》とエールが。さらにTwitterでは「チャリティ番組」を謳う「24時間テレビ」に非難の声が上がっている。

《二人にとってすごく綺麗で幸せだったろう思い出を、あろうことかチャリティーを目的としている番組が、悪意を持って捏造して傷つけて汚すなんてどうかしてる》
《万が一、たとえ事実であっても、チャリティ番組でやることなのかな》
《一般人まで巻き込んで何してんの?チャリティー番組でしょ?》

日本テレビはこの件について、一部メディアに「出演者および所属事務所と打ち合わせの上、制作したものです」と答えている。兼近そしてマナさんの見解を、どう感じているのだろうか。

というのがこの件に経緯である。

非難の声続々

24時間テレビがやばたにえん
→やばたにえんww

スタッフが兼近を陥れようとしたのか
印象操作やな
陰謀論ww

見てないのだが、元彼女さんは彼を悪く言って出演したの?ヤラセなら初めから出なければ良かったのでは。
→流れでそうなったのかもなので、元カノさんは悪くないと思います。

これが本当なら
きちんと事実を伝えるべき。

妹さんの学費を稼ぐ為に、高校を中退してまで
アルバイト頑張っていた兼近さんが
そんなひどいことをするとは思えない。

EXITが人気出てきてて
イメージダウンでもさせたかったの?
意味がわかりませんが。
→ちょっと理解に苦しむコメントですが…(;^_^A

遂に、感動ポルノだけじゃ飽き足らず、ヤラセまでやるようになったか。
こうなって来ると障がい者のチャレンジとかもヤラセじゃない?と疑われるようになりかねないぞ。

ラソンも内容もグダグダ、ヤラセまである自称チャリティー番組なんてもうやめたらいいのに。
来年はオリンピックもあるし、いい機会じゃない?

〜愛は地球を救う〜を謳う24時間テレビ
やる企画なのでしょうか。

盛り上げようとしたのか、印象操作をしよう
としたのかわかりませんが、逆効果でしたね。

ご本人達や頑張っている人の足を引っ張って
それのどこに愛があるのでしょう。
→この方は元々この企画自体が好きではないのでしょうね。

これが本当だったら兼近という人が気の毒だと思う、日本テレビは兼近という人に謝罪して視聴者にも兼近という人がそんな事をした事実はなかったと説明する必要があると思います
→番組作りとしてはお粗末なので、謝罪は必要ですので同意します。

日テレは、この24時間番組で、どれだけ募金が集まったかに特化してて、昔から今に至るまでの見てる側の変化を置き去りにしてるよ。
美談を、作ろうとしてる感が非常に強い。
→バランスが大事なのでしょう。

チャリティーとは関係ない内容だし相手が芸人だから何でもやっていいわけではない。そもそもいまだにこの番組のギャラなどの問題は毎年言われ続けてそのままになっているのが不思議である。
番組のあり方からもう一度考え直したほうがいいと思う
→ギャラは発生してもいいのでは?ただ働きでいいの?

あくまでも私の私見

多少盛ることは良いと思うが、これは明らかな捏造である。ただし、捏造することが全て悪いことかというとそうでもないだろう。捏造するにしてもマイナスな表現は避けるべきだ。つまり、『二股』という言葉はあまりにも強すぎるマイナス表現だからだ。マナさんの話から推測すると兼近さんはとても優しい人柄であることがわかるので、ここであえて捏造するのであれば、『あまりにも優しすぎて、その優しさに耐えられなくなって、お別れした』程度であれば、兼近もマナさんも傷つくことはなかったはずである。

一方、制作サイドとしては『お笑い』のため…と思ってのことなのだろうが、本音の部分では『視聴率』をとりたいという気持ちがあるのだろう。『視聴率』をとりたいという気持ちを否定するつもりはないが、だからといって、出演者や視聴者が嫌な気分になるような捏造はよくない。番組を観ていない人がこの記事だけを見れば、番組サイドが『金儲けのためにやっている』という印象をもつだろう。ましてや、チャリティーを謳った大きな企画の番組で、マイナスイメージを発信することはよくない。

現代は誰もが発信できる時代であるし、すべてが露呈される時代でもある。
昔に比べたらコンプライアンスも厳しくなり、そのことで番組自体が面白くなくなったという意見もある。今回は制作サイドが攻めた番組作りをしたと思いたい。しかし、攻めるにしても攻め方に問題があった。
捏造するならうまく捏造する!
避難の声は多いが、面白い番組作りのために、今後も制作サイドにはガンバってもらいたい。
私は24時間テレビは観ないけど!