扉つきベビーベッドで乳児窒息事故多発!

収納扉がついた木製ベビーベッドで扉が不意に開き、乳児が窒息する事故が今年になって2件相次ぎ、消費者庁が注意を呼びかけているのだそうです。赤ちゃんがいるご家庭は、ぜひ気をつけて貰いたいところです。

ただ、そもそもベビーベッドを使っているご家庭が、いまだに多くあるものなのか?と疑問に思った次第です。我が家は使ってなかったので、私の考えを押し付けるつもりはありませんが、必要なものなのでしょうか?いや、必要ななので使っているのだから、やはり私ごときがごちゃごちゃ言うのは良くないですね。

さて、事故はどのように起きたのかというと、下に扉つきの収納部分があり、床板の高さを調整できる木製ベビーベッドなんだそう。なんかよく見かけるタイプのベビーベッドのような気もしますし、昔から存在しているタイプの形状ならば、同様の事故が昔からあったということになります。しかし、今年6月、生後8か月の乳児が、収納扉が開いてできたすき間に首がはさまって窒息死し、9月にも、同様の状況で生後9か月の乳児が重体になったということから、やはり新商品のベビーベッドということになりますかね。

で、消費者庁が検証を行ったんだそうです。その結果、このタイプのベッドでは収納扉のロックが完全にかかっていないと窒息や転落事故が起きる可能性があるということで、消費者庁はロックを必ずかけ、ロックが壊れていたら使用を中止するよう呼びかけているとのこと。

何度も申し上げますが、赤ちゃんがいるご家庭は、十分に気をつけていただきたいですね。