「コンビニダイエットは栄養バランスが重要」なことを勇者マサルが紹介!

f:id:giziblog:20191122154851j:plain
異世界に召喚されて1年が過ぎました。体力をつけるために、食事をバカスカ摂っていたら、ブクブク太ってしまい、フィットネスジムに通う羽目になった勇者のマサルです。太ると大変ですよね?本当に体動かすのが億劫になります。しかし、ジムのトレーナーのアニスさんのお陰で、少しづつ痩せていっています。おまけに、ゴイスーなレオタードで指導してくれるので、夜も大変お世話になっています(/ω\)。
さて、改行してみましたww。前回の記事では改行していませんでしたので、今回より適当なところで改行してみようと思い立ちました。また、小説風な感じになっていますが、アニスさんの話の部分だけをお読みになったら、ちゃんとダイエットの話になりますので、面倒だなと思われたら読み飛ばしてください。
で、今回は、少し痩せてきて動きやすくなってきたので、久々にモンスター退治に出かけました。旅のお供はアニスさんです(・∀・)ニヤニヤ。一般人だと思っていたアニスさんでしたが、実はジムのトレーナーはバイトで、本業は戦士だということを最近知り、いつかモンスター退治に行きたいですねと話をしていたことがあったのです。アニスさんは「いいですよ!」と気軽な感じで返事をしていましたが、とはいえ…とはいえですよ!?…社交辞令だと思っていたボクは、誘っていたことすら忘れていたのでした。
そんなある日、ジムでトレーニングをしていたら、アニスさんの方から、モンスター退治のお誘いを受けたのです。否、モンスター退治とは名ばかりのデート…と言っても過言ではないでしょう!忘れていたとはいえ、想定外の青天の霹靂のような出来事に、それだけで気分もアゲアゲってなもんです( ^ω^ )。
ということで、待ちに待ったモンスター退治の日が来たのです!久しぶりということもあり、街の近くで戦うことになりました。基本的には低級クラスのモンスターしか出てきません。それに、異世界でもニートになる前に、さんざんレベルを上げていたので、チョー楽勝です!
アニスさんはというと、そこまでやり込んでいないのか、あまりレベルが高くないので、スライムにすら苦戦する始末。まあ、カワイイからいいけどね。おまけに、装備がこれまたエロくてそそられます。
上は心臓を守るだけの胸当て程度の防具に、下はミニスカートのような鎖かたびらで、アンダーウェアが網目の隙間から見えるので、ほぼ丸見えです。そのアンダーウェアはどういう形状かと言うと、乳首が隠れる程度の面積しかなく、下に至ってはほぼ紐に近いので、もう裸同然なのです!Σ( ̄□ ̄;)。プリンプリンに揺れるおっぱいとぶりぶりのお尻に視線が奪われまくりです。
「コンビニ行きませんか?」
少し疲れたので休憩することを提案すると、肩で息をしていたアニスさんが笑顔で同意する。
「そうですね…休憩しましょう」
この異世界にもコンビニがあり重宝しているが、基本的には街の中にしかない。だが、販売資格を持つことができると、冒険者も自由に販売することができる。冒険者とは、モンスター退治をする人々のことを指し、ボクもアニスも冒険者なのだ。
ボクとアニスさんは、冒険者が経営するコンビニに入店する。この経営者は、経験の低い冒険者をターゲットにしているようだ。とはいえ、街の外を出たら、モンスターのテリトリーなので、常に生命の危険にさらされるため、通常価格よりどうしても値段は高くなる。ボクはポカリを買おうと思って、価格を確認すると2本で600エンである。街からさほど離れていないところだが、もうすでに価格は2倍になっていた。
「アニスさん。ボク、トイレしたいので支払いお願いしてもいいですか?」
そう言ってマネーカードを手渡す。アニスさんはお願いを快諾してくれたので、トイレに…向かうフリをして、棚の影に隠れてレジを覗きみる。レジを行うのもほとんどは経営者なのだが、アニスさんのほぼ裸体のような格好を舐めるように見ながら迎え入れ、レジ対応を始めるが、会計処理に時間がかかる。「すいません。レジの調子が悪くって…」と言っているが、アニスさんの艶かしい体を見たいがために、ウソをついているのは明らかである。ま、それが狙いでもあるんだけどね(//∇//)。
そんな男たちの思惑など露知らずのアニスさんは、ようやく会計処理を終えた経営者にマネーカードを手渡す。他にもお客さんがいたらよかったのだが、今回は仕方がない。今度は街中のコンビニに行ったときにでも試してみる。確信を持って断言するに、アニスさんは間違いなく、ボクに気があるはずだ!何気に誘えば大丈夫だろう。
「アニスさん、お待たせ~」
業とらしい感じだなと我ながら苦笑しつつ、しれっとアニスさんのくびれた腰に手を回す。現実世界では、女性と会話するどころか、自然に腰に手を回すことなんて考えられなかったが、何度もアニスさんと会う内に慣れてきたのだろう。
「マネーカードお返ししますね」
そう言いながら、ボクの手が肌に触れていることを嫌がるどころか、逆に密着してくる。これはもう確実にボクに気があること確定である。でも、童貞オタクは慎重だから、ボクから告白することは決してない。なぜなら、もし仮にごめんなさいと言われたら、絶対に立ち直れない自信があるからである。端から見たら恋人同士に見えるのだろうが、コンビニを一歩でも出るとモンスターの目はあるが、人の目がない風景が広がっている。他人に見せつけて自慢したいが、先ほどコンビニ経営者に見せつけることができたから良しとしよう。
それからボクとアニスさんは、日差しを防ぐように葉が覆い茂っている大木の根元の幹に腰かけて、ポカリを飲み始める。基本、ボクが元いた世界の似たような商品が流通しているので、生活に困ることはないのだが、唯一なくて困っているのがゲームである。これだけは、どこを探しても見つけることができないのである。そんな質問を何気にアニスさんにしたとき、「そうなんですよね~。私も探しているのですけど…」
と答えたので実はゲーマーだということが分かり、そんな事もあって急速に仲良くなったのである。さらに深掘りして聞いてみたら、ボクと同じ世界からこの異世界に召喚されたことも分かったのである。ただアニスさんは、ボクよりさらに1年以上前に召喚されたらしく、魔王を倒すというミッションをクリアできず、お金もなくなりかけていたので、ジムのインストラクターのバイトを始めたとのこと。
「それは大変でしたね」
「そ、それほどでも…。実はこの世界での生活を満喫していたりもするんです」
元々は体を動かすことが好きな少女だったそうだが、ある時期からイジメをされるようになり、その事が原因で不登校になってゲーマーになったと告白。だからこの世界に召喚されて、ゲームはないけど、そういう煩わしい人間関係がなくなって、ホッとしているのだそうだ。その気持ちは切実に理解できる。ボクは引きこもりのゲームオタクだったので、親兄弟から事あるごとに小言を言われ続けられていたからだ。
「あ、でも、ボクが痩せてしまったら、アニス先生との関係はこれっきりになるんですかね?」
アニスさんとの出会いは、ボクが太り過ぎて冒険に支障が出てきたので、痩せることを目的にフィットネスジムに通うことになったのがきっかけである。ふとそう思ってしまい、アニスさんに訊ねる。するとアニスさんは、はにかんだ表情を浮かべ、しどろもどろな口調で言った。
「や、痩せてからも、体を鍛えることって大切ですから、こ、これまで通りです…よ。そ、それに、私…実はパーティーを組む仲間を探していて…も、もし、よかったら、私を仲間にしてくれませんか?」
もう願ったり叶ったりで、天にも昇るような気持である!こんなかわい子ちゃんを仲間に、いやいや、恋人みたいな関係にでもなったら、もうウハウハである。いや、いやいやいや…ボクを見るアニスさんの瞳は、確実にボクの事を好きなはずだ!という妄言が、ボクの頭でリフレインして駆け巡る。
「もちろんです!仲間になりましょう!!アニス”さん”!!!」
太っているけど二枚目風な感じで答える。イケていない人生で何度もあるような出来事ではないので、もうかなり無理して背伸びする。違う表現を用いれば、マウントを取るみたいな感じ?ようはアニスさんより優位な立場になりたいという、ボクの心の余裕のなさが如実に表れたものであった。しかし、アニスさんは、取られたマウントをあっさり返してきた。
「勇者様が痩せるまでは”先生”ですよ!」
若干天然気味だと思っていたが、さすがに子どもの精神性を持つ男よりは大人である。あっさりと優位性を逆転してくるので、ボクから告白しなくてよかった…と胸をなでおろす。仮にボクから告白していたら、何だかんだで尻に敷かれるパターンが容易に想像できる。否、尻に敷かれるのも嫌いではないが、初めの内だけは偉そうにしたい。暫くは駆け引きが続くかもしれない。
「では、先生らしくダイエットのお話をしたいと思います。先ほど、コンビニで買い物しましたので、コンビニについての話題にしましょか?」
「ハ、ハイッ!」
もうボクは言いなりである。アニスさんのお話を素直に聞くことにした。
「働く男性にとって、夜遅くまで開いているコンビニは便利ですよね?最近は生鮮食品も扱うようになり、スーパーに行かなくても必要なものが揃います。では、ダイエット中はどんな食べ物を選べばいいと思いますか?」

コンビニで食べ物を選ぶときのルールとは?

「う~ん、あんまり考えたことないな~」
「もう、勇者様、ダメですよ!何でも揃っているからと、食べたいものばかり選んでしまうと太る原因になるんです。ダイエット中に食べ物を選ぶときは、守りたいルールがあります」

栄養バランスを考えて選ぶ

ダイエット中はカロリーを減らしつつ、糖質やタンパク質、食物繊維、ビタミンやミネラル類など、必要な栄養素をバランスよく摂取するのが大切です。
糖質は代謝や体を動かすときのエネルギー源になります。脳にとっても重要な栄養です。タンパク質は筋肉や細胞の原料となります。食物繊維は血糖値の上昇を緩やかにし、余分なコレステロールやナトリウムを体外に排出するのが役割です。ビタミンやミネラル類はスムーズな代謝を促します。
コンビニで食べ物を購入するときも、1食で必ずこれらの栄養素が摂取できるように選ぶのが基本です。

「む、難しそうですね」
「ふふ…では、詳しく説明しますね!」

弁当よりも「単品の組み合わせ」で痩せる

コンビニでは様々な弁当が販売されています。たっぷりのご飯に、鶏のからあげやハンバーグなど、脂質が多くて味付けの濃いおかずが満載です。しかし、これだけでは栄養素が糖質とタンパク質に偏ってしまいます。さらにボリュームもあるので、カロリーオーバーです。
また、パスタや焼きそばといった麺類も糖質がほとんどで、他の栄養素はほとんど入っていません。
最近では1日に摂取すべき量の半分に相当する野菜を含む弁当も増えていますが、ご飯やおかずの量を調節できないのが難点です。やはりダイエット中は、各栄養素ごとに単品で組み合わせるのがいいんです。
例えば糖質はおにぎりがおすすめです。パンはマーガリンなどの油脂を大量に使っていて、糖分も含まれています。また、米は小麦よりも腹持ちが良く、消化のスピードもゆっくりです。鮭や鶏五目、納豆巻きなどタンパク質の具が入っているのを優先して選びましょう。
次にタンパク質です。最近ではどこのコンビニでも「サラダチキン(蒸し鶏)」に力を入れています。鶏肉は高タンパク低カロリーなので、ダイエットに最適です。サラダチキンには1パック(125g)あたり約30gのタンパク質が含まれています。1日に摂取したい量は体重1kgにつき1gですから、1食なら1つで十分まかなえるでしょう。
最後は食物繊維とビタミン、ミネラルです。野菜や海藻類に含まれていますから、サラダなら簡単に摂取できます。ただし、同じサラダでもポテトサラダは、じゃがいもの糖質が多く、脂質のマヨネーズも大量に使われているので、ダイエットには向いていません。
他にも、野菜や海藻類の具が入っている味噌汁やスープを摂取しても良いでしょう。体を温めると代謝が上がります。カップラーメンはもちろん、春雨スープやワンタンスープも糖質が多いため、避けたほうが無難です。
これらの組み合わせで、カロリーを抑えつつ、1食に必要な栄養素がすべて揃います。

「そうか!弁当は量の調整ができないので、単品購入がいいのか!」
「そうです。後は脂質と糖質をどれだけ抑えることができるかですね!」

コンビニで買うべき食材

「う~ん、でも、もう少しバリエーションが欲しいよね」
「そうですよね。いくらダイエットに最適でも、毎回同じ食事では飽きてしまいます。1つの食材に偏るのも体には良くありません。そこでコンビニで購入できる他の食材を紹介します」

食物繊維

食物繊維といえば野菜や海藻類です。サラダ以外にもこれらがメインの惣菜がありますし、生で食べられるカット野菜も充実しています。野菜や果物をそのまま販売しているコンビニもあるほどです。パックのもずく酢は、食物繊維のほかに血糖値の上昇を緩やかにしたり、内臓脂肪を減らしたりしてくれる酢を摂取できます。
寒い季節はおでんが狙い目です。大根やこんにゃく、しらたき、昆布は食物繊維が豊富で、カロリーも低めです。卵やはんぺん、ちくわからは良質のタンパク質を摂取できます。

「もずく酢は苦手だけど、おでんはイイね!」
「これから寒くなる時期ですから、街に戻ったら一緒に食べましょう!」
「う、うん!」

タンパク質

サラダチキン以外にも、良質なタンパク質を摂取できる食べ物はたくさんあります。ゆで卵は1個から販売されており、塩味付きです。焼き鳥も塩味ならカロリーを抑えてタンパク質を摂取できます。
各コンビニでは魚にも力を入れており、缶詰はもちろん、温めるだけで食べられる焼き魚や煮魚も種類が豊富です。骨は食べられたり取り除かれたりしているので、生ゴミも出ません。サラダチキンに対抗して、蒸したサーモンやサバも販売されています。
晩酌のお供にするなら枝豆やプロセスチーズ、あたりめなどがおすすめです。揚げ物よりずっと低カロリーで、良質のタンパク質が含まれています。過剰な味付けがされていないプレーンなものを選びましょう。

「サラダチキン以外でもいろいろあるんだね?」
「勇者様は普段、魚とか食べないでしょう?今度、買っていきますね!」

おやつ

ダイエットをしていると、どうしても空腹を解消するために「おやつ」が欲しくなります。そんなときは体に必要な栄養素が含まれているものを少量だけ食べましょう。
ヨーグルトはタンパク質に加えてカルシウムが豊富で、整腸作用もあります。ダイエット中は糖分の入っていないプレーン一択です。
ナッツ類はオメガ3脂肪酸などの良質な脂やミネラル分が豊富で、噛みごたえがあり、少量でも満腹感を得られます。ただし、素揚げしたり味がついていたりするものはNGです。無塩でローストしただけのものを選びましょう。
また、良質な脂であっても食べ過ぎは太る原因です。1日に食べても良い量は25g以下ですが、あらかじめ個包装になっているものを選ぶと、量を調節しやすいでしょう。
チョコレートも高カカオなら、抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富に含まれています。糖質の吸収も穏やかです。ポリフェノールは体内に貯めておけないので、1日3~5枚を数回に分けて食べましょう。カカオの割合は最低でも72%以上を選びます。
寒天ゼリーもダイエット向きです。ゼラチンのゼリーと違って食物繊維が豊富で、食べごたえもあります。0カロリーもありますが、人工甘味料を使っているのは食べ過ぎないようにしましょう。

「おやつについては、基本食べないほうがベターだね」
「ポイントは、少量で満足感を得られるモノなんですけど、限定されてしまいますから、勇者様が言うように食べないほうがいいかも!」
「勇者はやめてよ。マサルでいいよ!」
「わ、わかりました!」

コンビニ食のダイエットで気をつけたいポイント

「で、では、マサルさん。コンビニ食でカロリーを抑え、栄養のバランスが取れても、ダイエットがうまくいかない場合があります。成功するために気をつけたいポイントをこれから説明します」

塩分の摂り過ぎはNG

コンビニで販売されている加工品は全体に味付けがはっきりとしており、そのために塩分が多く使われています。塩分を摂り過ぎると水分を多く溜め込んで血液の量が増えるため、むくみやすくなったり、血圧が高くなったりする可能性があります。
厚生労働省が定める1日の摂取量は、男性で8g未満です。それ以下になるよう減塩メニューや、カット野菜のように味の付いていない食材で調節しましょう。つい摂り過ぎてしまった場合は、きゅうりやトマト、ブロッコリーなどカリウムを含む野菜を食べて排出を促し、水分もしっかり摂ります。 食べる順番や時間帯を意識する 。
糖質から食べて血糖値が急激に上昇すると、血管の壁を傷つけたり、インシュリンが大量に分泌されたりする恐れがあります。先に野菜や海藻類などの食物繊維から食べ始め、次にタンパク質、最後に糖質の順番にすると血糖値の上昇が緩やかになるでしょう。
また、夜遅くの食事は「BMAL1」というタンパク質のせいで脂肪を溜め込みやすくなります。できれば夜9時までに食事を終わらせるのが理想ですが、それ以降になるときはカロリーを抑え、糖質や脂質は控えましょう。事前に間食を食べておくと、少ない量でも空腹感を抑えられます。

「ちなみに、この世界でも厚生労働省ってあるの?」
「ありますよ。かなり距離がありますが、南に下れば首都がありますから、そこにあります」

まとめ

コンビニの食べ物でも、選び方次第でダイエットできます。栄養バランスを考え、弁当ではなく単品で揃えるよう心がけましょう。コンビニの食べ物に多い、塩分や脂質の摂り過ぎは要注意です。

「なるほど。コンビニにある商品の全てが体に害があるものばかりと思っていたけど、中には体にいい商品もあるんだね」
「数は少ないですけど、そういう商品を選べば、すぐに痩せることができますよ!」
アニスさんはそう言うと、ボクの腰に腕を回して抱き着いてきた。豊満な胸の感触がボクの肌を刺激する。もう言葉にする必要はない。勝手だが、付き合っていることにしてしまえばいい…と思いながらボクは囁いた。
「さて、街に帰りましょうか?」

医師監修 ダイエットサポートサプリメント【DR.STYLE】